竹本宗一郎のWikiプロフと経歴!出身大学や映像作品(動画)も紹介【情熱大陸】

この記事では、映像作家竹本宗一郎さんについて、次のような項目にスポットを当ててご紹介します。

  • 竹本宗一郎さんのプロフィール・経歴
  • 竹本さんが手がけたタイムラプス動画・映像作品
  • セミナー情報
  • 著書
中の人

美しい映像(動画)もご紹介しているので、どうぞごらんください

ナイトカメラマン竹本宗一郎さんのwikiプロフィール

竹本さんは、CMや映画などの映像を制作する「株式会社ゼロ」という会社を経営していらっしゃいます。

世界各地の絶景を舞台に、数多くのタイムラプス撮影を手がけてきた方であり、天文ファンのための月刊誌『天文ガイド』の筆者でもある竹本さん。

この人の撮る写真・つくる動画は本当にキレイ。この世のものとは思えない美しさです。

中の人

まるで CG 映像みたい

後の項目でご紹介しますね。

竹本宗一郎(ナイトネイチャーカメラマン/映像作家)

出典:https://www.mbs.jp/jounetsu

【生年月日】1968年(昭和43年)?月?日
【年齢】50歳 or 51歳
【出身地】東京
【出身大学】大阪芸術大学(芸術学部・映像専攻)
【職歴】最大手プラネタリウムメーカー (株)五藤光学研究所に入社
【職業】映像作家・ナイトネイチャーカメラマン
【社名】ZERO CORPORATION(東京・吉祥寺)
【創立年】1997年(平成9年)
【肩書】代表取締役

参考 GALLERYZERO CORPORATION
中の人

「タイムラプス」というのは、低速度撮影を指すカメラ用語です(と、さも知っていたように言ってみる)

*lapse(英)= 時の経過・期間・時間

長時間にわたって自然風景が移り変わる様子を数分間の映像に凝縮したものをいいます。

「天体観測」を口実にして夜遊びをしていた幼きころのある日、偶然ホタルに遭遇。このときから竹本少年は「闇の中の美」の存在を意識するようになるのでした。

大阪芸大卒業後に入社した「五藤光学研究所」では、プラネタリウムで上映する番組の演出を担当していたそうです。

「闇の中の美」をナイトカメラでとらえ、彼にしか表現できないものに昇華させる。そのためなのか、

中の人

闇に同化するため、黒の服しか着ないそうですよ

明るい色の服を着てたら、微妙に光を反射して撮影のジャマになっちゃうんですね、きっと。

特に特殊機材による微弱光環境下での撮影に精通。各メーカーの先端技術開発におけるスーパーバイザーとしてもご活躍なさっているのだそうです。

超高感度カメラを駆使して「闇の先の芸術」を表現する竹本さんは、「暗闇の魔術師」の異名を取ります。

 

『情熱大陸』では、ニュージーランドで神秘的な青い光を放つ「土ボタル」の群生と、幻の「赤いオーロラ」の撮影に挑戦するそうですよ。

中の人

「土ボタル」って、南半球にしか生息してないんですって!

 

竹本宗一郎氏が手がけたナイトタイムラプス動画

機材とかテクニックとかは難しくてよくわかりませんが、思わず見入ってしまう美しさです。

中の人

画面が小さくて残念・・・

▼竹本宗一郎氏の手による動画が他にも見られます。

参考 天文ガイド公式YouTubeチャンネル

 

竹本宗一郎氏のセミナー・イベント情報

セミナーや講演会なんかもちょくちょく開催されているようです。

参考 超高感度撮影&ナイトタイムラプス撮影テクニック電塾

 

電塾でんじゅく」のサポート会員になると参加できるみたい。

参考 電塾サポーター制度登録のお願い電塾

 

参考 高感度撮影&タイムラプス撮影テクニックCP+プロ向け動画セミナー 2019|Shuffle by COMMERCIAL PHOTO

 

竹本宗一郎さんの本

著書も何冊か出されてます。内容は写真撮影のテクニックについて。

中の人

総じて「わかりやすい」と評判です

ナイトタイムラプス撮影テクニック

created by Rinker
¥2,200 (2019/10/14 12:29:28時点 楽天市場調べ-詳細)

「ナイトタイムラプス」に焦点を絞り、そのテクニックや使用する機材についてわかりやすく解説した書籍です。想定対象は初心者から中級者。

カメラ選び診断チャート&メーカー別インターバル撮影設定がついてます。

『ナイトタイムラプス撮影テクニック』レビュー

どういった用語を知っておくべきなのか、その知識を得るための入門書的な内容。

星景撮影で役立つ情報が満載。今までいろいろな星景写真の解説本を買ったが、これが一番良い。

 

タイムラプス動画撮影テクニック:星の光跡を表現、天の川の動きを撮る

タイムラプス動画の中でも特に人気の高い「星空」の撮影テクニックを紹介しています。

中の人

受け売りですゴメンナサイ

紹介されている作例動画は専用ホームページ・YouTube上で再生可能。

ロケーションの選び方、撮影方法、編集制作アプリケーションの選択、動画編集作業までをわかりやすく解説しているので、タイムラプス動画を撮ってみたい人の入門書として最適です。(だそうです)

『タイムラプス動画撮影テクニック』レビュー

具体的な事例が参考になる。

順序よく説明されており、とてもわかりやすい。早く撮影に行きたくなった。

本にアドレスが書かれている(秘密の?)Webページで10本以上の作例動画が公開されているのもニクい演出。

内容が濃い。タイムラプス撮影の方法をここまで詳細に記述している書籍は他にはない。非常に参考になった。

これ1冊で作品完成までOK。CHAPTER+STEP順に整理された、段階的な書き方がわかりやすい。

 

そのほかの竹本宗一郎さんの本

 

おまけ:竹本さんが撮影に挑戦する土ボタルって?

湿度の高い時季だけ光るみたいですね。

よくオーストラリアやニュージーランドのオプショナルツアーになってますね。

こんなに幻想的で美しいのに、正体は「ヒカリキノコバエ」という昆虫の子どもなんだそうです。

中の人

ハエの仲間・・・だと?!

そしてオス・メスともに光るのは幼虫期だけ。成虫になるとオスは輝きを失います。

中の人

悪意のある言い方をするんじゃない

英語の名前は「glowwormグローワーム」。
glow発光する」「worm」です。

虫は虫でも、ミミズとかみたいな足のないやつな。「虫」の定義とは・・・。

あまり気持ちの良いものではないので、ここでは紹介しません。▼こちらのサイトを見てみてね。

参考 メスが光るツチボタルナショナルジオグラフィック日本版サイト

 

竹本宗一郎さん(と土ボタル)については以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

関連記事

2019年8月18日(日)の『情熱大陸』に出演されていた「令和の考案者」中西進博士の記事も読んでみてくださいね。

中西進の経歴と肩書きスゴすぎ問題!令和に関する著書も

 

竹本宗一郎さんの出演情報

【情熱大陸】
2019年8月25日(日)23:00~
TBSテレビにて放送